あぁ〜ぬか喜びの20分

心配していた芸能人野球〜秋季大会

さらに一週間延期されて、最終戦が神宮軟式野球場で開かれました。

3勝1敗の我がTACCSの最終戦の相手は同じく3勝1敗のゼッツ。体格も一回りデカい!いかにも強そうです。

お互い、この戦いに勝てば優勝の可能性も残されていのる両チーム。ガチンコ勝負となりました。

相手チームの先発は、漫才の「おぼんこぼん」のおぼんさん。変化球中心のかわすピッチングが持ち味。

私はセカンドで先発。しかしボールが一度も来なく守備機会もなし、三打席凡退。

で、

結果は

CA3G0590

ハラハラ、ドキドキの展開。3対2で見事勝利!!

優勝以前に、素晴らしい試合にみんな抱き合ってこの勝利を喜びました。

そして、リーグ戦の優勝の行方は?

隣のグラウンドで気になる3勝1負のライタースが負けたという情報も入り、TACCS見事優勝!!!!!

これまで15年、TACCSのメチャ弱戦歴を知る私は「信じられない、実感が湧かない」という気持ちを抱えながら、感慨に浸っていました。

マネージャーの下記のブログを見れば、その様子は伝わるかと

「試合が終わり、何人かは優勝カップを持って写真を撮るために、着替えずユニフォームのまま、閉会式を待ちました。待ってた人も着替えを終えた人も徐々に集まり、みんなで円陣を組み、監督から締めくくりの挨拶。やっと、やっと手にした優勝だもん(準優勝なんだけどね)、監督の喜びもひとしお。続いて、副キャプテン・実質キャプテンのうっちぃから一言。そして、チームアドバイザー(今、勝手に私がつけた)の、まこっさん&コーチ濱ちゃんからの一言。それから、何より感動したのが、ずーっと長年TACCSを支えてくれている長老小野田さんから、「あのパンフレットに歴代の優勝チームの名前が書かれていて、そこにTACCSと刻まれることが感激です」というような言葉(準優勝なんだけどね)。長老だからこそ言える一言だなと。そしてラストは、なぜか私の一言。「感激すぎて、何も言えません。」という、北島康介の名言をパクったようなしょーもないコメントしかでてきませんでしたが、とにかく円陣を組み、お互いがお互いに拍手して喜びに浸りまくって。1年間やりきった満足感と興奮と優勝した感動に浸ること約20分」

ところがどっこい。

閉会式での成績発表は「優勝、東京ライタース!」の一言。

・・・・・動揺が走るTACCSメンバー・・・・・みんな目が点

実はライタースは、勝負には負けましたが、相手チームが人数が足りなく自分のチームから助っ人を出していた関係で、「不戦勝が初めから決まっていた」とのこと。

つまり4勝1負の両チームが同率ながら直接対戦で勝ったライタースが優勝、うちは準優勝。

CA3G0593

まさにぬか喜びの20分でした。

広告

sadacchi について

俳優・声優・手話通訳などやっています。
カテゴリー: ◇日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中