コーダ(Coda)の映画監督

先日、コーダ(Coda)の映画監督が作った作品『きらめく拍手の音』の試写会に行ってきました。

この映画は、聞こえない両親とその家族のドキュメンタリー。

イギル・ボラ監督は韓国人の女性。

同じコーダ、同じアジア人

やっぱり映画を観ていて、とても親近感が湧きました。

まだまだメジャー?になれない「コーダ」という言葉や理解。まだ20代という若さ。映画監督として、これからの彼女の活躍を陰ながら応援したいと思いました。

6月10日から「ポレポレ東中野」で上映が始まります。「つつましくもいとおしいドキュメンタリー」(チラシより)

どうぞお時間がありましたら、彼女の描いたコーダの世界を映画を通して感じてみて下さい。

 

広告

sadacchi について

俳優・声優・手話通訳などやっています。
カテゴリー: ◇日記 パーマリンク

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中