ようこそ、佐田明ホームページへ !

10498585_884296968266019_2768459434693368790_o
このWebページ「は〜い、さだっち!」は、俳優・声優・手話通訳士である佐田明のことをさらに詳しく知ってもらうことが目的です。

 

手作り感たっぷりのホームページですが、ご覧いただいたのも何かの縁。隅々までお読みいただければ幸いです。

☆お知らせ  

新着情報は、右側サイドバー「☆新着情報」を。日記は、サイドバー「◇日記」をご覧ください。

EPSON MFP image

荒川忠昭追悼公演 占子(しめこ)の兎「座布団劇場」のご案内

昨年の十二月公演の余韻冷めやらぬ年末に、占子の兎の旗揚げ(2006年)から全公演の照明を担当していただいた荒川さんが亡くなられました。突然のことで驚きよりもその現実を受け入れらないのが正直なところですが、そんな思いを整理する意味も込め追悼公演を行うこととなりました。場所は、前回と同じ阿佐ヶ谷ワークショップ(北口徒歩3分)。追悼公演はしめやかに!と考えがちですが、今回は出演者14人という大所帯による、怒涛の五演目。 「長屋の花見」をベースに書き換えられた「後家さん長屋」。他4演目は全て占子の兎初登場の新作。さらに「笑いと涙」ということで大抵は人情話も取り上げますが、今回は全てが笑える話です。‘笑い’で荒川さんを追悼しよう!という意図があるのかどうかはさておき、コロナウイルスの影響を気にかけながらも開催の方向で稽古に励んでおります。開催の際は、感染の予防、拡大防止の安全対策を施す予定ですが、こんな時だからこそメンバー一同心を一つにしてお客様に喜んでいただける公演をお届けしたいという強い思いで取り組んでいます。どうぞよろしく御願い致します。

※稽古の様子等は、占子の兎ホームページの『活動日記』でご覧いただけます。

NHK  Eテレ「みんなの手話」(2020年度版 いよいよスタート!)のお知らせ

 今年度も昨年に引き続き、ろう講師・森田明さんの声(3年目)を担当することになりました。日本で唯一の「バイリンガルろう教育」を行っている私立のろう学校「明晴学園」の教頭である森田さん。私の劇団時代の先輩(女性)の旦那さんでもあり、名前も漢字一字違い。そんなご縁も感じる元気いっぱい森田先生の声をその思いと共に、今年度も25回放送分しっかり吹替えたいと思います。                                          お馴染みV6の三宅さんをナビゲーターに、どうぞこの番組をきっかけに、あらためて日本手話の基礎を、手話学習の面白さを体験してください!😋 番組テキスト(専用アプリのダウンロードで動画が見られます!)も販売しています。

放送日:4月5日から 毎週日曜日 夜7:30~7:55
再放送:4月10日から 毎週金曜日 午後1:05~1:30

出演:森田 明・三宅 健・那須 善子
監修:小林 信恵

☆番組ホームページは、「みんなの手話」まで 

NHK  Eテレ「ろうを生きる難聴を生きる」のお知らせ

NHK  Eテレ毎週土曜日20:45~21:00放送(再放送金曜12:45〜13:00)の「ろうを生きる 難聴を生きる」で、視覚障害者向けの音声解説(解説放送)を担当しています。ろう者の声が聞き取りにくい場合は、手話にも声を付けています。音声切換えボタン(副音声を選択)で聞くことができます。

☆番組ホームページは、「ろうを生きる 難聴を生きる」まで