🌻映画「種をまく人」

情報を得てから行こう行こうと思っていた映画 『種をまく人』

お芝居が終わってひと段落のついたお休みの昨日(クリスマスの夜ですが・・・😅)やっと観に行けました。

「映画『種をまく人』を通して、障害と個性、そしてそれを受け入れる家族や社会、人のあり方について今一度考えたいという欲求がこの映画を企画した目的でもあります。
そして今回、本作に出演しているダウン症の姪と、それを取り巻く人物たちの苦悩と葛藤を通して、個性とは何か、生きるとは何か、そういったことを少しでも考えるきっかけを持って頂ければ嬉しく思います。」HPの監督のコメントから

必要以上にセリフで説明することをしていないので、観終わった後、観ている人が考える(想像する)部分が多い映画に感じました。また、HPの解説やネット上の感想など読んでいると、散りばめられたシーンの繋がりを確かめるのにもう一度観たいとも思いました。

知り合いのろう者の奥さんの妹さんの息子さんが作った映画ということでしたが、11月30日にはすでに公開されていたということで、もうまもなく池袋シネマ・ロサでの上映が終わりになるかもしれませんが、是非どうぞ!

 

ろう夫婦、監督と記念写真!

ちなみに題字は、ダウン症の書家 金澤翔子さんです。

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

御礼🙇‍♂️ 年忘れ座布団劇場

先週、無事に『年忘れ 座布団劇場』(11~15日)が終幕しました。

今回は鶴、亀の二つのプログラムが用意され、私は両プログラム共通の「掛取り」(3回目)の他は、鶴の「幽霊の辻」に出演しました。

また、今回は私の母の実家の米屋さん(新潟県十日町市)の新米3号パック(魚沼産コシヒカリ、新之助)合計30個を売るという初の試みもありました。

飲み会の時のメンバーの発案がきっかけでしたが、初めは恥ずかしさもあり売れるかどうかの不安もあり「まさか実現するとは!」思ってもいませんでした。

蓋を開けてみれば、土曜の昼には早くも売り切れ、40個は必要だった!と反省するくらいでした。😅

さらに、販売、味覚の秋?冬?といえば、かつて私も所属した劇団俳協の先輩で、9月公演に続き今回もご出演のあさぎ野瑶子さんのご実家のえびす屋さんのさつま揚げも、夜の回終演後の『占子茶屋』で販売されました。

お得な2個100円❗️とっても美味しかったです。😋

 

お芝居は、「幽霊の辻」(登場人物二人)はお相手の方との練習時間が思うように取れず、不安を抱えたままの本番となりましたが、好評のうちに無事に終了することが出来ました。

新しい会場での初めての開催。こじんまりした感じが中々好評でもありましたし、久保田万太郎の「一周忌」が入ったことで、四演目とてもバランスが取れた公演だったとも感じています。😊

来年度も頑張ります❗️

ご来場いただきました皆様、この度も本当にありがとうございました。🙇‍♂️

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

チョチョイのチョイ!

年忘れ『座布団劇場』無事に開幕しております。

会場が阿佐ヶ谷ワークショップに移ったことで、舞台のイメージもこじんまり、温っかい感じに😊

桟敷席もフカフカな、いい感じです。

この写真は、仕込み日の明かり合わせの稽古の一枚。

左上に、何やら・・・・・⁉️😵

若手のメンバーが、携帯で「チョチョイのチョイ!」で編集しアップした写真です。私が呪われているわけではありません。😅

こんなイメージの『幽霊の辻』など、趣の違う四演目。

15日(日)まで、やってます。ぜひ劇場へ❣️

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

念願の・・・『伊豆榮』のうなぎ

私の所属する占子の兎でも何度か演じられてきた「幽霊蕎麦」

私は出演はしていませんでしたが、その会話に、伊豆榮でうな重を食べる話が出てきます。『ちょうど池之端のところでもってね、ええ、うなぎ屋があったのよ。「伊豆榮」。うな重食べたのよ、おみっちゃんと二人で。美味しかったのよ、ええ。・・・』

そんなわけで、いつかは食べたい!と夢の一つでもあった「伊豆榮のうなぎ」

食べてきました!!!😄

上野池之端、今の本店で開かれた東京十日町会主催「歌助噺の会」で実現しました。

桂歌助師匠の妹さんが私の同級生というご縁で、3回目の参加となる「歌助噺の会」でしたが、新潟県人会会館建て替え建設中のため、転々としている会場。前回から「伊豆榮」を利用しているとのこと。

私は4年ぶりの参加でしたが、「伊豆榮 本店」で行われる良きタイミングで、うなぎを美味しくいただくことができました。

周りは十日町出身の高齢の方(70〜80代?)がほとんどでしたが、私の4名テーブルは30代の女性と50代の男性三人。隣には40代の女性と話しやすいメンバーが集まっているところだったので、食事というよりも酒でテンション高めの地元ネタトークで盛り上がる楽しいひと時でした。

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

TOKYOみみカレッジ 2019

今年もまた、TOKYOみみカレッジのアスリートトークショーの司会🎤を担当しました。

昨年は、怒涛の一週間(昨年のブロ昨年のブログ)の最後のひと仕事。トークショー初体験でしたので、とにかく緊張と不安の中でのあっという間の経験でした。😅

昨年はオリンピアンとデフリンピアンのトークショー。今年は、さらにパラリンピアンも加わり、貴重な組み合わせ、最強のメンバーによるトークショーとなりました。😀

EPSON MFP image

 

最近はバラエティ番組などにもご出演。テレビで観たことも多いと思いますがイケメンの藤光謙司さん。

そして、現在RTS2クラスで世界第4 位の秦由加子さん。

先日、NHKの異言語脱出ゲームにもろう者として出演していた、現役大学4年生山田真樹くん。詳しくはパンフレットの通りです。

稽古と飛び込みの用事で何だかんだ忙しくしていたため、今年も原稿をちゃんとチェック出来たのは前日夜。というか朝の4時過ぎまで準備がかかり寝不足の中、現場に向かいましたが昨年の経験があったため、直前まで忙しくしながらも気持ち的にはそう慌てずに本番を迎えることができました。また藤光さんはじめ、出演者も穏やかな方ばかり。通訳者にも知り合いやコーダの仲間がいたことも助けにもなりました。😊

9月のMGCのネタで男子マラソンの同郷・服部勇馬選手のことを取り上げましたが、みなさんご存知のように、マラソンは札幌開催に。😢

そんな折、秦選手(参考 CM映像)のとの出会いもありましたので、東京での💪生での応援❣️ができるお台場海浜公園での彼女のレース(2020年8月29日)を是非応援したいと思いました。

実は、彼女のお母様は聴覚障害を持っていて口話で会話しているとのこと。その影響か、彼女も少し手話ができるとのことで親近感が持てました。☺️

その後ネットで、彼女のあるインタビュー記事の中に、月に2回手話サークルに顔を出しているとの記事を発見!流暢に自分の名前を手話で表したり、本番前、熱心に各イベントブースを巡っていた理由が分かりました。😁

みなさんも、そんな秦選手に注目、応援してくださいね‼️

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

🤙電話リレーサービス

電話リレーサービスについて紹介されていましたので、ご参考に。

皆さんの生活の中で、特に職場などでは、誰でも通訳オペレーターからの電話を受ける可能性があります。その時は怪しまず普通の電話と同じように対応していただければ助かります。

先進国では、電話リレーサービスの制度(体制)が遅れている日本。今後の改善を強く希望しています!

ちなみに、聴覚障害者の日本財団の募集はまだ受付中です。

 

カテゴリー: ☆新着情報 | コメントをどうぞ

米屋な日々2019〜その2

先日までの四日間、二度目の米屋の手伝いのため帰省していました。

各農家への米の集荷がほとんど終わっている10月のこの時期に手伝うことはこれまでほとんどなかったのですが、北海道や関東へのお米の注文『送り』(デパートなど店頭販売用)が大量にあったため、また前回の手伝いで急きょ、私の個人的都合でお休みをいただくなどご迷惑をかけたので、そのお詫びの意味でも手伝うことにしました。


とはいえ、田舎に行けばご覧のように、30キロのお米に囲まれながらの、米(検査済)の積み上げは、結構やりました。

また、『送り』が多い今回はラベル貼りもちなみに『魚沼三昧』川治食品販売の登録商標。餅やそば等もあります。よろしければご注文ください。😉

また、少し遅いこの時期だからあった仕事が、「柿もぎ」(柿の収穫)でした。フォークリフトで高くあげたパレットの上に乗って、およそ1時間位でしたでしょうか?

米袋およそ3袋分。300個位は収穫したかと思いますが、田舎の旬を感じるひと時でした。社長が撒いた小糠(米屋ならでは⁈)を肥料にしているだけあって美味しくいただきました。😁

 

 

米の積み上げが後半2日間の中心作業だった今回は、東京に戻った翌日から特に腰の疲れから体調を崩し、吐き気も感じながらバイトを乗り切りましたが、またもや年齢を感じることになりました。😓

ももちゃん♀の定位置? 廃棄した椅子のクッションがお気に入りのようです。

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ