縁あっての、地元での講演会

 

先日、昨年暮れにオープンしたばかり、まだ出来立ての、地元十日町の中央公民館『段十ろう』(多目的スペース)で、手話奉仕員養成講座の企画で講演会をやりました。

テーマは『コーダの境遇に導かれて』

受講生十数人、スタッフの他、外部からろう者、市議さんなど、全部で30人くらいでしょうか?こじんまりにやるものだと思いきや、そこそこの人数に集まっていただきました。

これまでも関東で何回かはお話しさせていただきましたが、地元となると勝手が違います。身内のことを地元で話すと、地元に住む兄にも影響があるかもしれないということで、少々気遣いしながらの講演でした。

でも、地元で親近感があるのか?目をキラキラ輝かせて聞いている高校生もいたり、私の子供の頃の話を懐かしそうにしてくれるろう者がいたり、地元ならでは!の楽しみもあり、感慨深いものとなりました。

そもそも講演するきっかけも、感慨深いというか、縁を感じるものでした。

手話奉仕員養成講座の助手である女性が、今回の講演に招待いただくきっかけを作ってくださいましたが、その女性Tさんは私の高校3年の時の隣のクラスの同級生。当時はほとんど話した事はありませんでしたが、5、6年前?の十日町でのろう者中心の飲み会で、驚きつつお互いの存在を知りました。

さらなる驚きが、Tさんが手話を覚えたきっかけが、昨年春に亡くなった私の父だったという事。以前は、何年にも渡り母の薬をもらいに眼科に通うのが父の仕事の一つでありましたが、そこで働いていたTさんはその受付で、周りの方とうまくコミュニケーションが取れなく、いつも不満顔の父に感じるところがあったようです。Tさんが初めて親父に手話で話しかけた時のことを先日の講演会後のさし飲みでも話してくれましたが、そんな偶然のご縁あっての、巡り巡っての講演会でした。

 

全体での写真は撮りませんでしたが、スタッフと写真です。

中央のろう協会長もかつては、親父と同じ職場。ピースサインのTさんとそのご縁にも感謝しながらの講演会でした。

 

関係ありませんが、実家のももちゃん♀の写真もついでに。

広告
カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

実現❗️手話通訳付き特別ステージ!

2018『月いち座布団劇場四月篇』が、20、21日に行われ、無事終幕しました。

20日の夜の回は、旗揚げの12年目の占子の兎史上、初の手話通訳付き特別ステージで、集合写真には写っていませんが、わたしを含めて四人が通訳として参加しました。

 

 

初の試みのきっかけは、通訳者・山﨑さんの『「らーめん屋」をろう者に見せたい!』という一言。

以前のブログでも紹介した昨年末の忘年会でのミニ発表会を経て、

ついに座布団劇場の舞台に❗

忘年会では、お客さまの立場のUさんんも巻きこんで手話通訳団(四人)を結成。

三人には、無理言って座布団劇場の舞台での通訳をお願いしてしまいました。そんな中、最後までこちらの頭が下がるほど、熱心に練習に取り組み頑張っていただいた三人。本当に感謝です❣😂


50数名のうち、ろう者はおよそ25名。有り難いことに1週間前にはチケットが売り切れ、注目も大きかった一回限りの特別ステージ。沢山のろう者にご覧頂いき、様々なご意見、ご感想をいただきました。

世の中そんなに甘くない!

達成感というより、今は、たくさんの宿題を背負ったような気持ち😓が正直なところ。

何事も先ず最初の一歩👣が大切。とにかく前向きに頑張るきゃないだろ!ってことで、

第二回目の手話通訳付きステージ実現に向けての充電が始まりました。😚

 

※本番写真がなかったので、イメージを伝えるため稽古場の写真を載せました。

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

リニューアルの新年度!〜NHK Eテレ『みんなの手話』は4月8日から

明日から🌸新年度。

後日トップページにてお知らせしますが、一足早くお知らせします。NHKの手話関連番組もこの4月からリニューアル❗

NHKEテレ『みんなの手話』

今年度もろう者講師(男性)の吹替を担当することになりました。そのろう講師は、日本で唯一の「バイリンガルろう教育」を行っている私立のろう学校「明晴学園」の教頭である森田明さん。私と漢字一字違いの森田さん。実は私の劇団時代の先輩(女性)の旦那さんなのです。世界は狭い!というか、『縁』を感じます。学校の先生という現場での経験を生かした森田先生のキャラにも注目です。😝

そして、今年の監修は、手話言語学を研究なさっている松岡和美先生(慶應義塾大学教授)。ろう者にも協力いただき監修チームを作り、『日本手話』にスポットを当てた新たな番組作りに意欲的に取り組んでいらっしゃいます。

三宅さんをナビゲーターとして、これまでと違った『みんなの手話』をご覧頂けるはずです。どうぞこの番組をきっかけに、あらためて日本手話の基礎を、手話学習の面白さを体験してください!😋

番組テキストも販売中です。

NHKEテレ『みんなの手話』
放送日:4月8日から 毎週日曜日 夜7:30~7:55
再放送:4月13日から 毎週金曜日 午後1:05~1:30

出演:森田 明・三宅 健・那須 善子
監修:松岡 和美
監修協力:數見 陽子・小林 信恵

下記は、番組テキストより

カテゴリー: ☆新着情報 | コメントをどうぞ

恐ろしい?偶然!!

このHPでも先日まで宣伝させていただいたNHK『みんなで応援!ピョンチャンパラリンピック』ですが、放送10回の放送の中で、2回ほど手話通訳で関わらせていただきました。

今回の放送では手話通訳(三人が毎回担当)は冒頭のご挨拶以外は画面には映りません。そんな中、私は、ろう者ゲストの手話の読み取り通訳(手話→音声に)を担当していました。

しかしながら、

視覚障害者の桂福点さんが担当している「副音声実況を、アナウンサーとのやりとりも含めて視聴者に分かりやすく伝えよう」というあるコーナーで、その様子を聴覚障害者にも分かっていただこうということで、前日の打合せの結果、急遽、福点さん役とアナウンサー役に手話通訳2名が顔出しすることになりました。

顔出しはないと完全に油断していましたが、その通訳担当が私と来月の落語公演(私の所属する占子の兎)で手話通訳でご一緒する山﨑さんの二人となりました。

期間中、2回しか手伝わないのに。

落語形式での副音声実況もこの回だけ。

ペアを組んだのが、期間中やはり毎回の担当している訳でない(4回?)山﨑さん。

しかも、山﨑さんとは1ヶ月後に迫った落語通訳を担当する。さらに旗揚げ11年の占子の兎で手話通訳付きステージは今回が初めてという、このタイミング。

他の通訳からも「運命なんだよ!」と言われ・・・😅

それにしても恐ろし過ぎる偶然! こんなことってあるんだ〜!みたいな・・・。

 

 

 

 

リハーサルも十分でない中、当然ながらオンエアを見て落ち込み、沢山の反省もしましたが、本当に貴重な経験になりました。😁

後日、山﨑さんが苦笑いを浮かべながら「それにしても、いい思い出になったね」

私も思わずこの偶然に苦笑い。😉

落語形式では、言葉遊びの部分のオチを手話としてどう伝えるのか大変難しいところですが、今回はその予行練習?になったということで、来月の手話通訳付き特別ステージに向け、頑張ろうと思える出来事でした。

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

表現芸術の会〜小道具 パート・?

発達障害児・者への表現ワークショプの立ち上げから4年目を迎えている「表現芸術の会」

現在、千葉市の市民企画講座の催しとして三週連続で開催中。昨日はその2回目。対象者が普段とは違う一般の方々が多いため、ちょっとした台本を基にした発表をしました。

本日は『殺陣』がメインのプログラムでしたが、発表は、「赤城の山も、今夜かぎり。生まれ故郷の・・・の台詞で有名な「国定忠治 別れの場面」でした。

私が作った小道具は、お月さまと雁(の群れ)。

役者側とスタッフ(裏方)側。

三人1組で、それぞれローテーションで担当しながら体験。思い思いの声色で「カァー カァー カァー」と発声しながら使っていただきました。

 

月はフェルトで、雁は一羽一羽、カッター、ハサミを使いながら地道な作業で作りましたが、みなさんに使われ、日の目を見る事が出来てよかったです。😊

 

 

 

 

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

ふるさとは遠きにありて思ふもの〜『白い愛の祭典』

『白い愛の祭典』

このフレーズに「ピン!」と来る方は、十日町っ子でしょう。

ちょうど今、故郷・十日町では白い愛の祭典と呼ばれる『十日町雪まつり』が開催されています。

昭和25年から始まり今回が69回目になるこの祭り。BS(BS-TBS3月25日(日)10~10:30)ですがテレビ放送もあり、雪のステージで行われる『雪上カーニバル』が見もの!

私も小さい頃は見にいったことがあります。その時のゲスト歌手は、ピンクレディーだったか・・・? そのビックサイズで、ギネスに登録されたこともあります。

いつもこの時期になると、『ああ・・今ごろは雪まつりか・・』『今年の小雪でステージは大丈夫かな?』などと、遠い故郷の一大イベントに想いを馳せるものです。

雪上カーニバルが行なわれる今夜。天気予報は「新潟は雪、関東は晴れ」という典型的な冬の天気😥。雪の中での雪上カーニバルになりそうですが、それも雪国らしさ!ということで多くの方に楽しんでいただけたらと願っています。😊

パンフレットが手元にあったので、紹介させていただきました。😁

 

 

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ

2018 歌い初め

今年は、親父が亡くなって初めて迎えるお正月。雪の量はそこそこありましたが、雪降ろしするほどでなく、落ちついたお正月となりました。

今年は当初、兄貴の娘(姪っ子中学1年)と初めてスキーに行こうと考えていましたが、雪が心配される天候に姪っ子も乗る気でなかったので予定を変更。

 

近くのカラオケ店での歌い初めとなりました。これまで一緒にカラオケに行った事もなかったので少しは心配もしていましたが、始まってみればそんな心配は吹き飛びました。

歌うのが好きだとあって、叔父ちゃんの存在など気にもせずノリノリで歌っていました。

あと、意外と私の歌うアニメソングを知っていたのには驚きました。聞いてみると、TV番組の「アメトーク」のアニソン特集で聞き覚えがあったとのこと。

結局、用事もあって、3時間で切り上げましたが、初めての姪っ子との歌い初めはあっという間の時間でした。

東京に戻る朝には、結構な雪が降っていてこのあと大雪にならきゃいいけど・・・と心配しながら田舎を離れました。

本年も皆様どうぞよろしくお願いいたします。

カテゴリー: ◇日記 | コメントをどうぞ